ミラドライわきが多汗症の医師団

 »   »   »  ミラドライを受けるのに適した季節はありますか?

ミラドライの適応についての質問と回答

ミラドライを受けるのに適した季節はありますか?

ミラドライは治療時期を問わずおすすめすることができます。ミラドライは従来からの治療法「剪除法 」と比べ季節をさほど考慮せずに治療することが可能です。◎従来からの治療:剪除法とは従来からのわきが治療は、剪除法という外科手術が行われて来ました。この方法はメスで皮膚を切開して臭いの原因となる汗腺を直接取り除く方法です。施術後には圧迫固定をして安静にする必要があります。この切開を伴う治療はダウンタイムを避けて通る事はできませんが、目で汗腺を確認しながら取り除くという確実性の高い治療法で、重度のわきがにも効果的な方法です。また保険適用になるといったメリットが挙げられます。◎剪除法に伴う圧迫固定とは?剪除法の施術後に、ガーゼの塊を脇に挟みます。これは細菌感染による合併症や、切開跡が癒着しケロイド状になるのを防ぐためのもです。圧迫固定時はわきを完全に閉じる事ができません。薄着になる時期は違和感を周囲に与える事になる場合もあります。ガーゼの塊をわきの下に挟むため日常生活での制限が必要とされます。ご職業によってはお休みをとっていただく必要がございます。また、抜糸や治療経過の診察のための通院も必要となります。手術後には1-2週間程の圧迫固定が必要になります。このため傷の回復やアフターケアなどを考えると比較的乾燥した時期のほうが適しています。◎ミラドライのメリットミラドライでは皮膚の切開を伴いません。表皮の上からマイクロ波を照射し、わきがの原因となる汗腺のみを熱エネルギーによって破壊します。皮膚の切開を伴わないため、圧迫固定は必要ありません。また傷跡も残らず、抜糸も必要ありませんので日常への復帰が早く、術後圧迫固定によって生じる動作の制限や服装への配慮も特に必要ありません。このことから、汗とにおいが一番気になる暑い時期でも周囲に気付かれることをさほど考慮せずに、手術を受けることが可能です。ミラドライは従来の治療法による傷跡とダウンタイムを改善するために開発された、最先端の技術なのです。

ミラドライの適応についての他の質問

»すべての質問の一覧を見る

最近追加された質問

最近1ヶ月間に、寄せられたご質問を掲載しています。

カテゴリ一覧

» すべての質問の一覧を見る



よく見られている体験談

一概にミラドライの治療といっても患者さまごとに違った効果、印象をもたれることと思います。多くある体験談の中でも、ここ1か月中によく読まれているものをこちらに上げさせていただきました。少しでも当クリニックがどういうところかということを感じ取っていただければと思います。

    調整中です。しばらくお待ちください。

コンテンツ目次

ミラドライわきが多汗症の医師団
お電話でも受け付けております。フリーダイアル:0800-222-1929

電話受付時間:10:30~19:00 火曜日休診

ミラドライわきが多汗症の医師団では患者さまに安心して治療を受けて頂けるよう、安全を第一に考え治療を行います。
ミラドライに関してのご不明な点、わきが・多汗症に関するお悩みや質問などありましたらお気軽にご連絡ください。

無料カウンセリング予約受付

JavaScriptを有効にして下さい。

1.当サイトのお申し込みページはJavaScriptを使用しています。
2.お使いのブラウザでJavaScriptが無効になっていると、機能が正常に動作しません。
3.お手数ですが、JavaScriptを有効にして再度ページを読み込んで下さい。

InternetExplorerでJavaScriptを有効にする方法(参考)

詳しくは各ブラウザ別JavaScriptを有効⁄無効にする方法をご参考ください。