ミラドライわきが多汗症の医師団

◇治療後のケア等について◇




Q.ミラドライを受けた後はいつからお酒が飲めますか?

目安としてミラドライを受けてから3日間は飲酒を控えていただきます。

ミラドライの治療後は、痛みや腫れを最小限に抑えるために内服薬を3日分処方させていただいております。きちんとお薬の効果を出すためにも、お酒との飲み合わせは避けてください。

一般に切開が伴うような外科手術(わきがだと剪除法など)の場合、アルコールの摂取で血流がよくなると傷が開き出血するリスクがあるため、術後1週間はお酒を飲むことはできません。

ミラドライはマイクロウェーブの電磁エネルギーによって皮下の汗腺を選択的に熱破壊する新しいわきが治療法であり、皮膚の切開は必要ありません。熱による表皮のダメージを防ぐためにミラドライのハンドピースには冷却システムが付属してあり、また麻酔により痛みを感じることなく治療を受けていただけます。

ただし、わきがのにおいの元となる汗腺のみを破壊するとはいえ、その際の熱エネルギーにより皮下組織もダメージを受けており、施術から3日間は腫れや内出血といった症状が現れやすい時期となります。
ミラドライは施術当日からほぼ普段通りの生活が送れますが、この期間のお酒や湯船につかっての入浴、激しい運動は、血流を促し体温を上げるために内出血や炎症、腫れを促進してしまいます。

術後の腫れを抑えるためにも最低3日間は飲酒を控えてください。



◎質問カテゴリ一覧◎

効果
ミラドライの特徴、他の治療との違い
痛み、症状
治療後のケア
お支払方法
モニター

» すべての質問の一覧を見る


戻る

TOPへ



ミラドライモニター募集中!
期間限定20名様ミラドライモニター募集中
ご予約は診療予約にて受け付けております


無料カウンセリング予約

無料メール相談

総合電話窓口
0800-222-1929


Copyright c 2015 ミラドライわきが多汗症の医師団 All Rights Reserved.