ミラドライわきが多汗症の医師団

◇データ無し◇




Q.持病で日常的に内服している薬がいくつかあるのですが、ミラドライを受けることは可能でしょうか?

ミラドライは内服薬による制限はありませんが、特異的な持病により通院されている方であれば、かかりつけのお医者さんに確認していただいたほうが安心です。ミラドライを受けることができないのは次のような方です。・妊娠中の方(施術の際の痛みや刺激で早産・流産の危険性が考えられるため)・心臓ペースメーカーその他の体内に埋め込むタイプの電子機器を使用している方(マイクロ波がペースメーカー等の電子機器に影響を与える可能性があるため)・ルドカインやエピネフリンを含む局所麻酔に対して抵抗性や過敏性がある方(ミラドライの施術前に局所麻酔を施す必要があるため)・酸素補給が必要な方妊娠中の方に関しましては、出産後は特に制限はありませんので、体調のよろしいときにミラドライを受けることができます。ただし、治療後に鎮痛・抗炎症薬を服用する場合、その期間は授乳を避けていただきます。

◎質問カテゴリ一覧◎

効果
ミラドライの特徴、他の治療との違い
痛み、症状
治療後のケア
お支払方法
モニター

» すべての質問の一覧を見る


戻る

TOPへ



ミラドライモニター募集中!
期間限定20名様ミラドライモニター募集中
ご予約は診療予約にて受け付けております


無料カウンセリング予約

無料メール相談

総合電話窓口
0800-222-1929


Copyright c 2015 ミラドライわきが多汗症の医師団 All Rights Reserved.