ミラドライ わきが・多汗症の医師団

◇他のわきが・多汗症治療法との比較◇


  手術 ボトックス
注射
ミラドライ
効果 半永久的 3〜6ヶ月程度(当医師団実績) 半永久的
キズ跡 残る なし なし
ダウンタイム 1-2週間程度 短い 短い
治療時間 約1-2時間 約10分 約1時間
通院回数 抜糸等あり 定期的 治療日のみ
効果の実感 固定が外れてから 4-5日後 治療直後


◎ミラドライはこれまでのわきが・多汗症治療法のデメリットを克服した新技術◎


ワキのニオイや汗の悩みを解消する治療法は、主にワキを切開して汗腺を除去する手術と、一時的に汗の分泌を抑える注射とが、いままでの主流でした。

しかし、手術は汗腺を除去するため高い効果があるものの医師の腕によって結果が変わりやすいことやキズ跡が残るなどデメリットもありました。

注射による治療も一時的なもののため定期的な通院が必要で、費用負担がかかり続けます。

◎手術を断念した人、注射の治療から切り替える人も多いです◎

わたしたちのクリニックに来院される患者さまの一部では、キズ跡が残ることを懸念し手術を断念していた方や、ボトックス注射を続けてきたが根治を目指したいという方が、ミラドライの治療を受けたいと来院されています。

◎ミラドライと他の治療との違い◎

ミラドライは、今までの治療と大きく違う点は「照射」による治療ということです。マイクロウェーブという電磁波をワキの下の皮膚に照射することで、汗腺を破壊する治療です。

・手術のように切開する必要がないため、キズ跡が残りません。
・汗腺を破壊するため、手術と同等の半永久的な効果が得られることも特徴です。
・手術と違い、ダウンタイムが短く、当日から日常生活をおくれます。

◎従来の治療方法との比較◎

手術
わきが手術は、より高い効果、安全性、少ないキズ跡を目指して様々な術式が開発されてきました。剪除法、シェービング法、吸引法など様々な方法があり、各クリニックが独自に改良している場合もあります。
・どの術式も傷が残らないということは不可能で、一長一短があります。
・キズ跡が小さくなる方法の場合も、汗腺を直視できないため取り残しが出てしまうデメリットもあるなど医師の技術力を問われます。
・手術後は一定期間の固定が必要です。
・ワキを切開し直接、汗腺を取り除くため高い効果をのぞめます。

ボトックス注射(ボツリヌストキシン注射)
手術とは違うアプローチとしてニオイや汗の元となる汗腺の機能を一時的に低下させるボツリヌストキシンを利用した注射です。
・ワキに注射を打つだけの治療のため、治療時間は10分程度と短いです。
・一時的に汗腺の働きを抑える治療のため、効果は3ヶ月もすると効果が低下し、半年程度が目安となります(個人差があります)。
・継続的な効果を求める場合は、繰り返し通院する必要があり、決して患者の皆様からすれば素晴らしい解決策とは程遠いものです。
・夏など一定時期のみ汗を抑えたい方などには向いている治療です。


TOPへ



ミラドライモニター募集中!
割引モニター募集中9月30日まで期間限定のモニター割引料金で実施中
ご予約は無料カウンセリング予約にて受け付けております

ミラドライについて
ミラドライの特徴
効果の出る仕組み
他の治療法との比較
ミラドライ治療の流れ
再治療、アフターサポート
よくあるご質問
費用について
体験談

わきが・多汗症について
わきがの原因
わきが度チェック
わきが・多汗症治療法の比較、選び方

多汗症の基礎知識
多汗症とは?
多汗症の原因

当医師団について
わきが・多汗症治療の医師ネットワーク
症例データの集約と研究
ミラドライ治療改善レポート
当医師団の特徴
運営ポリシー
医師紹介
交通案内


無料カウンセリング予約

無料メール相談

総合電話窓口
0800-222-1929


Copyright c 2015 ミラドライわきが多汗症の医師団 All Rights Reserved.